先日、吹田市の古いマンションの、一人暮らしのお婆さん宅で玄関網戸を取り付けました。
施工完了後、冷えた麦茶をご馳走になり、話にお付き合いしたのですが、おっしゃるには、「前から玄関網戸を欲しかったのだが、3年前に他界した主人が、いい顔をしなかったので今日になってしまった」と。
足元がおぼつかない様子なので聞くと、1ヶ月前に肺癌の手術から帰ってきたとのことで、「これからは好きな旅行にも行けそうに無いので、快適に暮らしたい。お金を持って死んでもね〜〜」と。
いつもの金利計算で、5万円の年間金利50円、玄関網戸の節電年間利益1万円を言うと、「ずいぶん損した計算ですね」とおっしゃるので、今後10年生きれば最低5万円は儲かる、ぜひ15年は生きて、10万円は儲けて下さいと言って引き上げました。
2013年6月13日 : あるお婆さんの話し
 今年は新着情報で、おもしろい話題を提供するつもりでしたが、3月より集中工事に追われ、今日になってしまいました。
この工事は、兵庫県宝塚市の山手にある築年30年程度の某マンションでの、古い玄関網戸の更新/新調工事でしたが、新発見がありました。
 関西地方の夏は暑いものだと思っていましたが、このマンションでは、新築で入居以降、クーラーを買ったことが無いというお客様が多数いらっしゃいました。涼しい山風が入るので扇風機だけで充分、クーラーは必要ないが、玄関網戸は必需品だと・・・。
「軽井沢ですね^^」と私が言うと、「でも冬は寒いです」と。
 それでも、玄関ドアを一斉更新されたため、機密性と断熱性が格段に良くなり、大満足だと皆様異口同音におっしゃっていました。
 3月の寒い日には、防寒具でも鼻水が出るような日も有り、あるお宅で、熱いミルクティーをご馳走になったのですが、確かに、暖房無しでも、ずいぶん暖かいリビングで一息つけました。
近況報告まで。、
2013年5月31日 : クーラー要らずのマンション
新着情報 : 皆様にとって、興味有ると思えるNewsを掲載します、お楽しみに(笑)

             最高級玄関網戸 NICE WINDS DOOR